法律も生活習慣も違う海外へ引っ越す

海外への引越しが決まったら

 

海外へ引越すとなると、これは大変な作業になります。

 

引越しは、国内でも大変です。
荷物をすべて荷造りしないといけませんし、さらに様々な手続きもあります。
これを日常の生活や仕事と並行して進めていかないといけないのですから、本当に一苦労です。

 

これが海外となると、大変さはひとしおです。
海外の国は、日本とは法律も生活習慣も異なります。
そこへ、飛行機や船を利用して荷物を送り、自分たちも移動するのですから、
いろいろに考えなければならないことがあるのは言うまでもないことですね。

 

また海外への引越しは、誰でもそう何度も経験するものではないでしょう。
それも海外への引越しを大変なものにさせている一つの理由だと思います。

 

そこでこのサイトでは、海外引越しの心得について、ひと通りのことをまとめてみました。
これから海外へ引越しするという方の、参考になりましたら幸いです。

 

海外へ引越すには信頼できる引越し業者を見つけるのが先決

 

海外へ引越しには、当然の事ながら引越し業者を利用することになります。
なれない海外への引越しを無事成功させるためには、一にも二にも、
「信頼できる引越し業者」
を選ぶことが大事になります。

 

そこでここでは、信頼できる引越し業者の選び方を紹介したいと思います。

 

国土交通省から認可を取得している

引越し業者は、本当にたくさんあります。
多くはもちろん、良心的に運営されていますが、中には悪徳業者もいると聞きます。

 

免許を取得せずに白ナンバーのトラックを使ったり、不法外国人を雇ったり・・・。
そのような業者に海外の引越しは任せられません。

 

信頼できる業者の第一は、まず「国土交通省の認可を取得している」ことです。
さらに海外の引越しについて実績のある業者を選ぶのがおすすめです。

 

どちらかと言えば小さな業者がおすすめ

大きな業者は確かにネームバリューがあり安心です。
ただ会社が大きくなると、一つの引越しに対して様々な部署が担当することになります。

 

特に海外の引っ越しになると、様々な要件が発生します。
それをいちいち番う部署の人とやり取りしないといけないことになると、
お客の立場からすると、ちょっと面倒なんですね。

 

その点小さな会社なら、一つの引越しの一連の流れを、一人の人が担当することになります。
その方が、話が通じやすことが多いんですね。

 

日本語サービスはあったほうが便利

小さな業者の場合だと、価格を圧縮するために日本語サービスをつけていないことがあります。
ただ日本語サービスは、日本人にとってはやはり便利です。
料金との兼ね合いが折り合えば、ある業者を選ぶのがいいと思います。

 

レスポンスが早い

こちらの問い合わせに対してレスポンスが早いことは大切です。
レスポンスが遅い業者は、

  • 必要な情報を収集する情報力がない
  • レスポンスを返す人手が足りない

などのことを意味し、そのような業者に海外への引越しは任せられません。

 

まずは自分で業者に連絡をとってみるのがいいと思います。
初心者にもわかりやすく教えてくれる業者かどうか、自分の目で見極めることができると思います。

 

マンションに住む場合の注意点

 

我が家は、子供2人とで暮らす4人家族。その家には、10年以上住んでいました。
しかし、お隣に住む人と折り合いが悪くなり、私自信がうつ状態になってしまったのです。

 

でも、まだまだローンが残っている我が家。
そんな事で簡単にマンションを売ったり引っ越す事なんてできません。

 

しかし、日に日にひどくなっていく私を見て、とうとう主人が「引っ越そう!」と言ってくれたのです。
思い出の詰まったマイホームとお別れするのは、本当に辛かったですが、このままの状態もよくありません。
初めは、家を貸し出す事も考えました。

 

しかし、貸すとなるとまた、色々と面倒な事もあるとわかり、思い切ってマンションを売却する事にしたのです。
正直、お隣さんと以外は、良いご近所関係を育んで来ていました。
なので、ご近所さんに売り出している事がなるべくわからないように、不動産屋さんにお願いしました。
マンションの売却と引越しがはっきり決まってから、みなさんにご挨拶をしたかったので・・・。

 

不動産屋さんは、公告などには、乗せず口コミで、色々と探してくれました。
口コミだけでも、思った以上に見学に見える方が多く、驚きましたが・・・。

 

出来るだけ早く引越しをしたい気持ちはありますが、
少しでも高い値段で買って頂かない事には、住宅ローンが残っている我が家には困ります。

 

引っ越せる!と決まってからは、気持ちがずいぶん楽になった私は、
気長に良い方に買ってもらえるようにマンション売却活動をがんばりました。

 

例えばこのサイトなどを参考にしました。
【 マンション売却の鉄則!】高く売るための査定方法

 

そして、半年後、やっと我が家の条件にあった方に買って頂ける事ができたのです。
まだ、ローンが少し残ってしまう売却値段でしたが、
思ったよりかは、良い値段で買い取ってもらう事ができて、本当に助かりました。